Monthly Archives: 11月 2014

たまに、家族がほぼ全員疲れていたり・・ということがある。

そんな時は喧嘩になりやすい。

長女は毎月くるものの関係で体調や精神が不調のときがあるし、

息子や主人は仕事がうまくいかなかった日とか・・・

そんな時に家族で外食とかになったら最悪。

昨夜はそれだった(笑)

旅行や外食の段取りをするのはすべて私の役目になっている。

なのに、ねぎらいの言葉なんてもちろんないし、文句や愚痴は

しっかり言われる。

昨夜の外食は行った店のサービス、料理もよくなかったし、

最低の食事だった。

  (153)

詰め放題をやっているのになかなか出くわすことがないが、何回か経験はある。

なすびだったか何だったかの野菜・・・・なすびはすべらないので、なかなか入れづらい。

それと、シーフード・・・これはちっちゃい袋でした

それと下着だったかな・・・・

基本楽しいので、好き。血が騒ぐ(笑)

詰め放題は最近ないけど・・・・

同じように感じるのがゴミ捨て。

決められた市の指定ごみ袋に少しでも沢山、そしてきれいにゴミを入れる。

これも結構ノウハウがある。

主婦は1円でも安ければ店をはしごする・・・というのを聞くけど、

案外こういうことに対しては無頓着だと思う。

スカスカの袋でゴミを出しているのを見ると、もったいない・・・と思う。

 

  (110)

ダルビッシュに続いて安藤さん・・・・これからもどんどん増えそうだし、

これからは、そういう時代なのかもしれない。

自分たちで発信することは、勇気がいるし、責任をもたなければいけないことだけど、

週刊誌などで、半分嘘がまじったことや、余計なことを載せられるせられるよりは、真実を発信する方が気分的にもいいのだろう。

そういう人たちは、別れた時も、あっけらかんとして、「別れましたー」なんて、発信するんだろうね。

昔は、なんとなく、霞がかかっているのが、芸能人という感じもしたが・・・

でも、芸能人、みんながみんな、真似出来ることではない。

特に大手のプロダクションに所属してる人たちは、「いいな・・・」と指をくわえているに違いない。

これから、芸能レポーターや週刊誌は大変な時代になって行くのかもしれないけど・・・しーらない。 (89)

病気など嫌なことも沢山出てくる。

そのなかで、良いと思うことは、若いころよりも生活の知恵がついているということかなあ・・・

もう、しっかり中高年なので、本や雑誌を読むのも疲れる時が多い。

いつもは机に置いて、パラパラ頁をめくるわけだが、今日は、小学生が本を読むように、

机に垂直に持って目線があまり下がらないようにして、読んでみた。

これが、なかなか良かった。

なんでも、はかどる時は嬉しいし有難い。 (104)

あるものをネットで探していた。同じ物であるなら、価格は勿論やすい方が良い。

それは、どこも同じぐらいの価格だった。何度も探し、仕方がないか・・と

思っていたときに、かなり安くなっている所を発見。

他と比べ明らかに安いので、何故だろうと思いながらも手続きに。

しかし、サイト自体なんか変。

色んな項目のものを扱ってる。

でも内容がなかったり・・・

あと、支払方法は、あまりメジャーじゃない銀行への振込のみ。

文章もちょっと変。

登録、パスワード設定の辺りで、怖くなって、止めた。

サイト自体は、高級車の名前だった。

確か・・・TVでやっていたような・・

でも、しっかり、生き残ってるのか・・・・ (116)

目玉は玉置浩二のたかじんの歌。

この歌は関西人たかじんの歌。

残念ながら、これは、別物に変わってしまった。

一番よく出てくるフレーズ「やっぱ好きやねん」

文字で書くとこうなるのだが、関西弁は

「やっぱすっきゃねん」

これを玉置氏は、全部標準語で唄ってしまっていたので

全く別の歌になってしまっていた。

関西人が聞くと、外人が日本の歌を唄ってるような感じに聞こえていた。

あの世で、たかじんは、どんな顔して聴いていただろう。 (157)

40代ぐらいまでは、自分の周りで亡くなる方はそんなに居なかった。

50も半ばになると・・・

親は他界する、知り合いの人生の先輩方も、亡くなられたり、弱られたり。

これは勿論自分だけが遭遇する事ではない。

こうやって、行く道を教えてもらってるんだと思うようにはしているが、

やはり寂しい。 (90)

自民党は、景気が悪くても時期が来れば消費税10%にすると言っている。

8%になって、景気も回復できてないのに、そこまで断言するというのは

どうなんだろう。

政策がすべて気に入らないわけではないが、この点については納得がいかない。 (122)

ヒロミさん・・・・伊代ちゃんの旦那さん。

すごく態度も謙虚になって、再ブレークしてるようだ。

しゃべりもうまい・・ということだそうだが・・・・

私も彼出演の番組を観ているけど・・・・

同じギャグ(話)が多いのが気になる。

伊代ちゃん関係の天然のネタが多いけど、毎回同じような話ばかり。

これを言っとけばうけるという鉄板のネタがあるようだ。

う~ん・・・初めて聞いたら面白いけど、そう何回も言われると面白くないんですけど・・・・

もっと、新ネタ(話)をバンバン出さないと、若手に負けちゃうぞ。 (110)

昨年実父が亡くなって、一周忌が過ぎた今、母が大腸がんと診断された。

まだ悪性かどうかはわからない。診断には半月ほどかかるようだ。

あと何年かで還暦という私なので、親が高齢というのは、仕方がないことだし、

病気になっていくのも仕方がないこと。

辛いことだけど、仕方がない。

父親の場合はだんだん目に見えて弱ってきていたので、覚悟ができた。

正直、少しは、早く楽になった方がいいのかも・・という気持もあった。

母は、とにかくお腹の病気で、今、最低でも3つの病気をかかえている。

でも日常生活においては、負担もないようで、元気で出かけたりもしている。

なので、余計に診断結果が怖い。毎日母の事を考えてる。

父の時もそうだったように・・・・

でも、ほんと、本人も言ってるが仕方がない。

それより、今改めて考えることがある。

人生の、先輩の方たちは、皆、こういう問題と向き合って、数々の

苦悩と向き合って来られたのだと思うと、改めて尊敬する。 (105)